指の使い方はピアノ初心者が最初に戸惑うこと

ピアノ初心者が最初に戸惑うことがありますね。
それは、正しい指の使い方だと思います。
楽譜はなんとなく読めても、どの指でどこのキーを押せばいいのか
わからない、という方が多いことでしょう。

ピアノを演奏する際の正しい指の使い方を運指といいますね。
この運指の仕方はその曲によっても異なっているようです。
単純に、このキーはこの指で弾くという風に決まっているのではないのですね。

無理なく弾けるように曲ごとに変わるのです。
優しい曲であれば、自己流で弾きやすいように指を使って弾いても弾けるでしょうね。
しかし、難易度が高い曲になるとどうなるでしょう。

自己流の指使いでは限界がきて滑らかに弾けなくなるでしょうね。
そのため、面倒でも曲ごとに正しい指の使い方である運指を覚えなければならないです。
運指は親指を1、小指を5というように表記しますね。

しかし、全ての運指が音符の上に書かれていない楽譜も多いです。
ピアノ初心者が練習に使うなら、
全ての運指が書かれた楽譜を選んだ方がいいでしょう。

それに、人よって手の大きさや指の長さは違います。
慣れてきたら弾きやすいようにアレンジしてもいいでしょう。